Article
0 comment

ギレルモ・デル・トロの2018ゴールデングローブ 監督賞受賞スピーチ(和訳)

ギレルモ・デル・トロ監督が好きです。

ご本人がトトロみたいなので好きです。
見た目は大きなトトロのようにふっくら、でも内気で気弱な少年の姿が浮かんでくるような動き方や話し方をされて、作品はものすごく作り込まれたダーク・ファンタジーが多く 登場するモンスターたちはとびきり奇妙、そして”ふつうでない”登場人物に寄り添う、…というか”ふつうでない”者側からのお話を描かれるので好きです。

 

 

新しい映画「シェイプ・オブ・ウォーター」で2018年ゴールデングローブ 監督賞を射止めた彼が受賞スピーチでモンスターに感謝し、スピーチ終了催促の音楽を止めた、という話を聞き、動画をみました。これです。

全文の日本語訳が見当たらなかったので、訳しました。
間違いがあるかもしれませんが、素敵なスピーチですので、ぜひ。

—————————-

(Wow! … I was hoping to wipe my nose with this.
[Laughter] )

Since childhood, I’ve been faithful to monsters.
I have been saved and absolved by them
because monsters, I believe,
are patron saints of our blissful imperfection
and they allow and embody the possibility of failing and live.

For 25 years, I have handcrafted very strange little tales made of motion, color, light, and shadow.
[*Sighs*]
And in many of these instances, in three precise instances,
these strange stories, these fables, have saved my life –
once with “Devil’s Backbone,” once with “Pan’s Labyrinth,” and now with “Shape of Water,”
because, as directors, these things are not just entries in a filmography –
we have made a deal with a particularly inefficient devil that trades three years of our lives for one entry on IMDb.
[Laughter]
And these things are biography, and they are life.

And I want to thank the Hollywood Foreign Press Association, Fox Searchlight,
[Slow music plays]
And I wouldn’t be here – lower the music, guys, one second.
[Laughter and applause]
[Chuckles]
It’s taken 25 years. Give me a minute.
[Chuckles]
[Cheers and applause]
Give me a minute.
[Cheers and applause continue]
[Music continues]
I wouldn’t be here without my cast, my crew…
[Music fades]
…and I want to mention a few fantastic women sitting at this table –
Sharon, Nancy, Octavia, Sally, Kimmy, and Vanessa –
without whom I wouldn’t be here.
[Cheers and applause]
Thank you.
My monsters thank you.
And somewhere, Lon Chaney is smiling upon all of us.
Thank you very much.
[Cheers and applause]

(わお! … これ(カンペ)で鼻かもうとしてたところだよ。
[一同笑] )

私は子どもの頃から、モンスターたちを大切に思ってきました。
彼らに私は救われ、赦されてきました。なぜなら
モンスターたちは、私が信じるに、
私たちの幸福な不完全さ(blissful imperfection)の守護神であり、
彼らは”失敗”と”生きること”の可能性を許し、体現するからです。

25年の間、私は”動き”、”色”、”光”と”影”でできた、とても奇妙で小さなお話を
手作りしてきました。
[*タメイキ*]
そしてその沢山の例の、正確にはそのうちの3つ、
その奇妙な物語、おとぎ話が、私の人生を救ってくれました ―
ひとつは「デビルズ・バックホーン」、ひとつは「パンズ・ラビリンス」、
そしてこの「シェイプ・オブ・ウォーター」です。
なぜなら、監督として、これらはフィルモグラフィーに登録されるだけのものではなく ―
(我々はとくべつ無能な悪魔と契約して寿命三年分とIMDbへの登録ひとつを交換してるんです)
[一同笑]
これらはバイオグラフィーであり、人生だからです。

また、ハリウッド外国人映画記者協会、FOXサーチライトにも感謝したいと思います。
[”そろそろ終了して”を示すゆったりした音楽が鳴り始める]
そして私は ― 音楽をとめて、たのむよ、ちょっとでいいんだ。
[一同笑+拍手かっさい]
[クスクス]
25年かかったんだ、もうちょっといいでしょ。
[クスクス]
[一同拍手かっさい]
1分でいいから。
[一同拍手かっさい続く]
[音楽も続く]
私はキャストの皆、クルーの皆がいなければここに立てなかったでしょう…
[音楽小さくなり止まる]
…それとこのテーブルに座っている幾人かの素晴らしい女性たちについても述べたいと思います、
シャロン、ナンシー、オクタヴィア、サリー、キミー、そしてヴァネッサ、 ―
あなたたちなしには私はここにいません。
[一同拍手かっさい]

ありがとう。

私のモンスターたち、ありがとう。

ロン・チェイニーはお空のどこかで笑っていることでしょう。

ほんとうにありがとう。

[一同拍手かっさい]

 

—————————-

“私のモンスターたち”に寄り添い、寄り添われて生きてきた少年がそれらへの愛情を動力に人生を切り開いてきて沢山の新しい作品を生み出し、それが多くの人に愛されて素晴らしいと思われ今回の賞を獲得し、その受賞スピーチの最初と、最後で(おそらくはずっと昔から心の中で繰り返してきた)感謝を改めてしていると思うと (想像ですが)、勝手にちょっと胸が熱くなりました。

この「シェイプ・オブ・ウォーター」は彼が6歳の頃に
“もし「大アマゾンの半魚人」の半魚人とジュリー・アダムスの恋が成就したら”
という物語を考えたところが始まりだそうです。

3月からの公開を楽しみにしています。

 

 

参照:
The Shape of Water (FOX Searchlight Pictures)

Guillermo del Toro Wins Best Director at the 2018 Golden Globes (Youtube)

@shapeofwatermovie (instagram)

 

メモ:
①昔のモンスター映画をみる。ロン・チェイニー。
②これらは多分買う。

i. 小説版

ii. アートブック

 

Article
0 comment

映画『メッセージ』をみて、原作『あなたの人生の物語』を読んだはなし(途中からねたばれあり)

2017年5月19日から全国公開のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督『メッセージ(原題:”Arrival”)』をみました。
主演はエイミー・アダムス。2007年のディズニー映画『魔法にかけられて(原題:”Enchanted”)』でお姫さまの役をやっていた方です。

衣装も性格もフワフワでかわいかったですが今回は地味に地道に仕事にとりくむまじめな言語学者です。

ある日突然このような巨大な謎の物体が地球上のあちこちに現れる。が、その目的が皆目分からず、軍に協力を求められた言語学者のルイーズはその物体の中で自分と地球の未来を変える衝撃の事実を目の当たりにする…というおはなし。

とても印象的な映画で、お時間がある人ならなるべくみてほしい、そして感想が聞きたい、と思ったのですが私の力では説明がむずかしい。
ので予告編をよかったらご覧ください。

私は海外版の予告編をみた限りでは、フシギ系のSFかな?と思っていたんです。なぜならたぶん「巨大な柿の種か」と一時話題になったこの物体が『2001年宇宙の旅』のモノリスを彷彿とさせるから。

でも全然そんなことなかった。
派手で激しいアクションがあったりモンスターなど敵と戦うものではない。べたべたで、これが恋愛だ、家族愛だ、という、舞台がSFなだけの家族ドラマでもない。
ただただ発想が奇抜だったり難解で哲学的過ぎるので分からない、ということもない。
そして分かり易い血も、涙も、画面上には流れない。たしか、そんなには。
でも確かにそこに体温と、情熱のあとに残る悲しみや寂しさと、困難な道を選ばざるをえない苦悩があるのがありありと伝わってきて、自分の直ぐ側にあるものであると同時にSFでしかありえない部分を持ち、もしも、で考え始めると止まらないような深く長く考えざるを得ないテーマで、
ともかく、私はものすごくこの主人公に同情してしまいました。
『インターステラー』と比較もされているようですが、私はこちらのほうが好きでした。落ち着いた緊張感があって。

『シン・ゴジラ』樋口真嗣監督が責任編集をした、
『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』押井守監督、
『エヴァンゲリヲン新劇場版:Q』前田真宏監督と樋口監督が話している特別映像もごらんください。

あとは、サウンドトラックのなかで特に良かったMax Richterの”On the Nature of Daylight”という曲を置いておきます。かけていただいて、未見のかた、もし興味と時間をお持ちでしたら劇場へ向かってみてください。み終わったかた、続きをご覧ください。

この下にはご覧になった方向けのはなし、感想を書こうと思います。

_________________________

原作が短編小説だというのを後から知って驚いた。
いつもは、原作がある映画だとやはり映画を先にみてしまうとイメージが固定されてしまうので未見の場合は「原作を先に読もうか」、み終わってから知った場合は「あー先に読んだほうがより(どちらも)楽しめたのかなー」と思うのだけれど今回ばかりは、全く映画から”短編小説み”を感じなかったので
・このはなしがどうやって短編に収まっているのか
(映画が付け足したところ、また、もしあるのなら省いたところはどこか)
また、一定数は必ずいるものだけれど
・「原作のほうが良かった」という人がいるのはどういうことか
ということと、調べるうちに原作者のテッド・チャンが非常に遅筆で年に一作短編を発表するかしないか、であり、その作品はどれも非常に緻密、精密である、ということを知り、そのあたりがどうしても気になりすぐに原作の短編が入った短編集を買い求めた。

Article
0 comment

“LA LA LAND”のクライマックスについて

 

※ねたばれなど関係のない映画ではありますけれど、一応ねたばれ的な感想になります

LA LA LAND(『ラ・ラ・ランド』)のクライマックスのところ、
これでもかと続くので私はもうやめてくれ…!と苦しくなった。
ミュージカル(映画)は虚構がすごいから
好きとか嫌いとかあるけれどもともかく、
はじめのシーンは私達の世界と繋がりを持っていて、
はじめのシーンにふさわしくこちらを誘ってのりのりにさせるものだったけれど、
クライマックスはそれまで積んできた話とより増したカラフルさ、わざとらしいセット、絶え間なく続く音楽、笑顔(=幸福!幸福!すべてがうまくいっている!)で虚構味を増した演出になっていて、
ビョークの”Bachelorette”(ミシェル・ゴンドリー)のPVのように
ひとレイヤー向こうに演者がいて明らかに嘘だと分かる、分かるけれども止められないという
妄想・虚構の残酷さが1500人以上を使って撮影されたというあのシーンに集約されていて、
楽しそうだからこそ悲しくて悲しくて、ぜんぜん楽しくなくて、それを乗り越えたうえでのラストシーンのライアン・ゴズリングのほほえみに涙腺決壊した。

デミアン・チャゼル、おそろしい子。
次回作もぜったいみる。

 

 

Article
0 comment

LA LA LAND “Audition (The Fools Who Dream)” 対訳

映画”LA LA LAND(『ラ・ラ・ランド』)”の
最後のほうで歌われるこの曲
“Audition (The Fools Who Dream)” が印象的だった。
主人公たち含めて、
皆かろやかに優しい歌声でずっと歌っているのだけど、
これだけは声をはりあげるようにしていたからかもしれない。

歌詞はそんなに悲しいわけでも
必死なものでもない、
でも夢を諦めるか諦めないかの瀬戸際で、
「自由に演じて」と言われて、
光がきらめいて消えるみたいな生き方をした叔母のことを思い出して
彼女の言ったこと、したことを思い出して演じている、
堂々としないと落ちる綱渡りみたいなひりひり感があったからかもしれない。

和訳がみつからないので、
3月に対訳付きサウンドトラックが出るようだけど、
まずはじぶんでやってみます。

_ _ _

My aunt used to live in Paris
I remember, she used to come home and tell us
stories about being abroad and
I remember that she told us she jumped in the river once, barefoot
She smiled…

叔母はパリに住んでいたことがあって
私は、帰って来た彼女が私たちに 海外での暮らしについて、
それと、いちど裸足でセーヌ川に飛び込んだ話をしてくれたことを思い出す
彼女は微笑んで、…

Leapt, without looking
And She tumbled into the Seine!
The water was freezing
she spent a month sneezing
but said she would do it, again

なにも見ずに跳んで
セーヌ川にばしゃんと落ちたの!
水が凄く冷たくて
それからひと月くしゃみが出たけど
でもまたやりたいな、と言った

Here’s to the ones who dream
Foolish as they may seem
Here’s to the hearts that ache
Here’s to the mess we make

夢みる人に乾杯
ばかみたいに見えるかも知れないけれど
痛む心に、
私たちのするめちゃくちゃに乾杯しましょう

She captured a feeling
Sky with no ceiling
Sunset inside a frame

She lives in her liquor
and died with a flicker
I’ll always remember the flame

彼女はその気持ちを心に留めた
限りのない空
額縁におさめた夕暮れ

彼女はお酒と共に生きて、
きらきらと揺らめいて死んでしまった
私はいつもその炎を思い出す

Here’s to the ones who dream
Foolish as they may seem
Here’s to the hearts that ache
Here’s to the mess we make

夢みる人に乾杯
ばかみたいに見えるかも知れないけれど
痛む心に、
私たちのするめちゃくちゃに乾杯しましょう

She told me:
A bit of madness is key
to give us new colors to see
Who knows where it will lead us?
And that’s why they need us,
So bring on the rebels
The ripples from pebbles
The painters, and poets, and plays

彼女はこう言った、
ちょっとの狂気が鍵なの
世界に新しい色を与えてくれる
それからどうなるかなんて誰にわかるっていうの?
そして、それが私たちが必要とされる理由なの
だから反逆者を、
小石で生まれるさざなみを集めましょう
画家を、詩人を、演劇を!

And here’s to the fools who dream
Crazy as they may seem
Here’s to the hearts that break
Here’s to the mess we make

そして夢みるおばかさんたちに乾杯しましょう
気が違っちゃったみたいに見えるかも知れないけれど
張り裂けた心に、
私たちのするめちゃくちゃに乾杯しましょう

I trace it all back to that
Her, and the snow, and the Seine
Smiling through it,
She said she’d do it… Again

全部を辿って思い出してみる
彼女と、雪と、セーヌ川を
微笑みながら、
またやりたいな、と彼女は言った

—————
Composer: Justin Hurwitz
Lyrics: Benj Pasek and Justin Paul
—————

 

 

Article
0 comment

WOODKID “Iron” “Run Boy Run”

夫が「最近のゲームはきれいですごいなあ」といって眺めていた予告編集にこのゾンビゲームがあった。登場人物のパルクールのような動きと音楽がよく合っている。(ゾンビにご注意ください)

それで、このホワーとした歌い方と勇ましい曲調が気になって作曲者を調べてみたら、公式ミュージックビデオが物凄くよくて、フランス人映像作家 Yoann Lemoine(ヨアン・ルモワンヌ)が、ミュージシャンWoodkid(ウッドキッド)としてリリースした楽曲に自ら手がけた映像をつけたもの、つまり作曲・歌・映像をすべて自分でやったということで、才能に溢れた凄い人だということが判明した。

iron1

iron3

iron2

iron0

iron4

iron5

iron6

私がきれいだなとおもったところを切り出したらシンメトリーな画像ばかりになってしまったけれど、他にも吠える犬、太鼓を叩く人、後ろ脚で立ち上がる馬、飛ぶ首飾りなど、全てがスローで、白黒の映像であることを確実に活かしていて質感が浮かび上がるようです。石や羽、雫や土埃、肉の振動や視線の鋭さも色が無いことで形状や質感へ目が行き、動きや構図ふくめて全てが美しい。しかも音楽と映像どちらかを取ってつけたようにしてあるものが多い世の中で、”存在感のある歌声と音楽だけでも格好いいもの”に”無音の作品だとしても充分見応えのある力強くて綺麗な映像”が付いてこの合い具合というか世界観の一致、一人の人で作っている強みだろうか。曲の歌詞は具体的なものではないし映像に出てくる不思議な人たちに説明は一切ないし彼らがどこへ向かっているかも不明なのだけど、こちらの想像に拍車をかけるような仕上がりになっていて、すばらしい未完の絵本を手に入れたような気持ちになる。

Woodkid – Iron

(here innocences burn in flames

A million mile from home, I’m walking ahead

I’m frozen to the bones, I am

A soldier on my own, I don’t know the way

I’m riding up the heights of shame

I’m waiting for the call, the hand on the chest

I’m ready for the fight, and fate

The sound of iron shocks is stuck in my head,

The thunder of the drums dictates

The rhythm of the falls, the number of deads

The rising of the horns, ahead

From the dawn of time to the end of days

I will have to run, away

I want to feel the pain and the bitter taste

Of the blood on my lips, again

This deadly burst of snow is burning my hands,

I’m frozen to the bones, I am

A million mile from home, I’m walking away

I can’t remind your eyes, your face)

全画面にしてぜひご覧ください。こちらは怖いものはないです。犬がちょっと怒ってる。で、その続きのような映像(男の子はちょっと『かいじゅうたちのいるところ』を彷彿とさせます)と、逃げろ、少年、逃げろ、という歌のミュージックビデオ。これが冒頭のゾンビゲーム予告に使われていた曲なのですが、こちらの映像にも魔物がたくさん出てくるのですが、全然違っておもしろい。左から右への進行はIronとおそろいです。

Woodkid – Run Boy Run

この11分間の映像と音楽もきれいでした。

Woodkid feat. Max Richter “Embers”「The Golden Age」(2014)

WIIDKID : http://www.label-gum.com/collections/woodkid