Article
0 comment

ヴィンテージヴァンガード

というお店をご存知でしょうか。
ヴィレッジヴァンガードのアウトレット店で、全395店舗の中で2店舗だけがこのヴィンテージヴァンガードだそうです。
一つがイオンモール名古屋みなと、もう一つがイオンモール常滑にあって、初代である前者に何度かお邪魔したことがあります。

すこうし古いもの、おそらくは他店舗で残ってしまったものが集まっているようで、全ての商品が定価の30%~90%OFFなのと、たまにそれに上乗せしてセールをしているお店です。

時計、文具、おもちゃ、本、CD、洋服や靴、台所用品。物によっては、パッケージがぼろっとしているだけで中身はぴかぴか、そのうえ破格というものもあります。
あと楳図かずお記念切手シート(厚紙ケース入)が半額以下になっていて、切手を…半額以下に…??!と驚愕しながら買ったこともありました。

これは以前購入した渡辺力の腕時計と、シリコンのロボットカップケーキ入れ。

vv2

vv4

vv1

これは新古品の絵本です。
掘っていくとこのくらいきれいなのもあります。
なかなかたのしい。

vv3

上記の「はち」という絵本を描かれた得田之久さんは、虫の本を沢山描かれている方で私はこの本を買ったときに恥ずかしながら初めて知りました。同じ「一生」シリーズのかぶとむし、「くものいえ」「ありのぎょうれつ」もよさそうです。(投稿の最後にメモをのこします)

今回は、

mnktt5

mnktt4

工具系カトラリーを子どもたちに。

mnktt8

BabyBjörn(ベビービョルン)の食器セットを下の子に。
これは型遅れ品のよう、最新のものはカラフルでさらにかわいらしくなっていた!シリコンの劣化かすこし持ち手がぴとぴとしていたけれど、洗うと普通になりました。

img_mjuk-haklapp_large3

ベビービョルンといえばこの(↑)スタイですよね、大変お世話になっております。ということで信頼できそうなので選びました。

mnktt3

チョコレートのピルケース(猫は付属しません)とハイタイドのメモ帳。

mnktt6

夫さんが、HANSAのオランウータンを。購入しました。
お宝探し感のすごくあるお店ですので、お時間あるときにどうぞ。みなとイオンのはじっこです。
みなとイオンにはLEGOショップ(レゴ クリックブリック)もあって、2×4ブロックのキーホルダーに名前を篆刻してくれるサービスがかわいくておすすめです(ブロックと篆刻の色が選べる)。わがやは家族分作ってそれぞれの鞄にぶらさげています。

 

ヴィンテージヴァンガード(アウトレット)
イオンモール名古屋みなと
http://www.village-v.co.jp/shop/list/detail/?code=642
愛知県名古屋市港区品川町2-1-6
イオンモール名古屋みなと3F
10:00 – 22:00
年中無休

Article
0 comment

千種区の古書店・シマウマ書房

[migmemonagoya]

千種区は本山駅からすぐのシマウマ書房です。

こーんなかんじのたてものがみえましたら、

真ん中あたりを地下へ降ります。すると…

あります!

あっシマウマグッズだ。

あっシマウマグッズだ。

shimauma8

歴史、哲学、言語、美術、映画、演劇、詩、宗教、日本文学海外文学、などなど、ジャンルごとにぎっしり本があります。古い雑誌なども。どれも開いてすぐの頁に価格の札が付けられています。数年前はたしか、レジコーナーはまだ入店してすぐの位置から見えたのだけど、久しぶりに行ったらそびえる棚の奥に隠されていました。

shimauma6

shimauma7

shimauma5

shimauma4

古い雑誌とはこのようなひじょうにレトロなものから、わりと最近の暮しの手帖やクウネルなどがあったりもします。

shimauma3

中央部。モビールや絵葉書も売られています。

shimauma2

都合上まっくらになってしまったけれど、ランプシェードがかわいいです。

shimauma1

古い教科書やポスターもありました。

フォトギャラリーみたいになってしまった。
演奏会やトークイベント、他店とのスタンプラリーをされたり、名古屋市の古書店を紹介した書籍も出版していらっしゃいます。催しに行けたことはまだないのですが、お店として外部と関わる、というか一緒に何かするということの大切さを告知をみるたびに感じます。お店が生きている感じが増す、歴史を積む、新しい化学反応があり、新しい知り合いが増えたり新しいお客さんも来てくれるかもしれない。良いことばかりだなあと。

boughtatshimauma

boughtatshimauma2

いしいしんじさんのハードカバーと、ぱんとたまねぎさんの絵葉書を買いました。ことわざに共感したのと、絵がかわいかったので…。
いまHPで調べたら、活版印刷と、パン部分はスタンプで手作業だそうです。知れば知るほど好きになるタイプのものだ…!パンへの愛があふれた活動をされているみたいです。

ところで、お名前の由来が、

ぱんとたまねぎは、「あなたとならば、パンとたまねぎだけの貧乏暮らしでかまわない」という
スペインのプロポーズのことばからきています。
(ぱんとたまねぎHPより)

って 素敵…!
そして『世界のかわいいパン』、気になっていた本だった。絵がこの方だ。
これはもう、こんど買おう。パンの知識を深めていこう。

以上です。非常にみごたえのある古書店です、古本好きの皆様は時間の確保をじゅうぶんに。

 

shimauma12

 

 

 

シマウマ書房
http://www.shimauma-books.com/
名古屋市千種区四谷通1-22 ディオネ四ツ谷B1F
11:00 – 18:00
火曜定休

 

Article
0 comment

絵本を買いました:[おばけがぞろぞろ][100かいだてのいえ]

星ヶ丘三越のザ・リブレットはふたつに分かれていて、5階の子ども用品フロアには子どもの本、その他は7階にある。5階の方にはビスケットやおもちゃ、子どもの喜びそうな文房具などもありそっちのほうが私は見ていて楽しい。

今回は実家にあってお気に入りだった佐々木マキ『おばけがぞろぞろ』と、いわいとしお『100かいだてのいえ』のミニ・ボードブックというのが出ていたので買った。まだまだ次男が本を破ったり齧ったりしがちなので、ボードブックのほうが安心だ。
book1

「おびるべちゃん」「ぞぞまるくん」「おろむかくん」などおばけたちのなまえがかわいい。この蛇みたいなのは「ぞんびえくん」。出現場所も公園の蛇口だとか銅像の鼻の穴だとか、身近な場所なので子にとって臨場感があるはず。長男はよくおばけの話を自分からしているし…と彼に読み聞かせてみたところ、ほんのり怖がりながらも再読要請が数度あり、思惑通り気に入ってもらえたかと!

book2

こちらは100かいだてのいえ、これいきなり最後のページをご紹介しますが、これが全貌で、この前のページまでは見開きに10階ぶんずつの絵があり、それぞれに違う動物が住んでいます。それがすごく細かくてよい。ポーリーポケット/エンジェルポケット、シルバニアファミリーなどのおもちゃがものすごく好きだった!という人におすすめします。(余談ですがマウスマンションという絵本はこれの実写版のようなものでかなり迫力があり、こういう細かい絵が好きな方にはおすすめします。)

book3

このように見開きごと、各階ごとにテーマというか、やっていることが違うんですよ。ずっと見ていられる。…というのを子も感じてくれるかしらん、まだ読み聞かせてはいません。
虫めがねを買ってあげたときにこの本も見せたらちょっと眺めていたけれど虫めがね自体の使い方をちょっとよくわかっていなかったみたい。もうちょこっと先かしらん。

Article
0 comment

減塩に役立つ本3選

減塩の心がけについて書きましたが、その補足というか、
塩を減らすぞ!と銘打つ本ではないのだけど結果減塩に役立っているなというものが3冊ありますのでご紹介します。

  1. 『おうちでできる天然おだし料理入門』

    おだしをちゃんととるとシンプルな料理がおいしい。よいことです。
    もちろん、まずは鰹や昆布、煮干しだしなどのとりかたから書いてあります。
    干しえびや干し貝柱でだしをとったことはまだないので、やってみたい。

  2. 『京都発 へんこなごま屋のごま料理』

    愛用しています。胡麻が好きなので買ったのですが、香ばしさやうまみが加わるぶん塩もすこし減ると思います。
    豚肉の黒ごま蒸し、かぼちゃの白みそごまグラタン、鶏ささみのごま南蛮漬け風、五目白和え、生麩のごま利休揚げ、黒ごま炊き込みご飯、など作りました。
    ごまだれもドレッシング、和え物、豆腐ステーキソースなど色々あり、とても良いです。ごまを大きな大きな袋で買うようになりました。

  3. 『浜内千波の毎日一品お酢のおかず』

    お酢が身体にいいのは知っていても、特化した本を持っていないなーと思い買ったところ、あっさりした料理のレパートリーが増えました。
    肉じゃが、麻婆豆腐、ミートソースなどもこの本で作るとさっぱりしています。
    ピクルス、炒めなます、人参と鶏のごま酢煮をよく作ります。

どれも、最近ごはんマンネリだなーという方にもかなりおすすめです。私は目下、大きなすり鉢とすりこ木、あとピクルス用に大きな瓶が欲しいです。置く場所はさておき!

 

Article
0 comment

こわい絵本 3. (5〜7冊め)

こちらのつづきです。

5.

ねこはひとのような考えと動きをするときがあるし、表情なんかみていると実は私などより賢いのでは、と思いひやりとすることがある。九つのたましいを持つ、と妖怪的に言われている所以じゃないだろうかと密かに思っている。
夫はたぶんきつねにばかされたことがある、という。家から離れたところで道に迷い、見付けたすっとしたきれいな顔立ちの婦警さんに道を訪ねてその通りに行ったところ行けども行けども着かない。全くの反対方向であった、とか。お稲荷さんにご挨拶に行ったら帰りの切符がポケットの中で木の葉に変わっていた、とか。
異界のものを身近に感じる瞬間、自分が安穏と暮らしていた世界がむりやり押し広げられるようでそらおそろしいのと同時にすこしわくわくもする。
この絵本は電車に乗るところは皆人間なのだけれど、山に入り怪しげな駅々に着くとそこで降りるのは同じ服でも全く姿の違う動物や妖怪たち…というつくりだそうで、服を頼りに行きつ戻りつして「この人が…!」と楽しめる、とあり、紹介されていた”四つ辻駅”で妖怪がわんさか下車するシーンには『千と千尋の神隠し』の湯屋のシーンのようなユーモラスさがあり、「異界のものや化けた動物はもしかしたらすぐそこにいるかも」と子らにちょっと思ってもらえそうで気になった絵本です。

6.

これも死を扱った絵本で初版は86年だそうなので、私が知らなかっただけでかなり有名絵本のような気がしてきました…!
私は死を初めて意識したとき、あまりにも家族が死ぬのが怖くて、母にしがみついて泣いた記憶があります。
子どもは死についてなんの知識も心の準備もない。大人だって死についてはわからないことだらけだけれど、なんとか子どもをこわがらせない方法で、でも目をそらさずに見て考えてもらう手助けはしたい。だからそれに役立つようなきっかけが絵本という形であるならば手に入れておきたい。と思います。

7.

絵は酒井駒子さん。私は彼女をworld’s end girlfriendの”The Lie Lay Land”というアルバムのジャケットで知りました。絵本の著書は『よるくま』『金曜日の砂糖ちゃん』など多数。この本は各三枚の絵からなる五つの短編集で、どれもまばたきする間ほどの短い時間に起こることを描きだしていて、そこに添えられた穂村弘さんの言葉はそれぞれに一言だけ。そして五つ目のお話が強烈過ぎて思わず絵本を投げ出したくなる、とあり、気にならざるを得ませんでした。いつか作品展に行きたい画家さんです。

絵本作家の酒井駒子さんの魅力とは。人気の作品やグッズもご紹介します(iemo)

《絵本作家》酒井駒子さんのイラストレーションが素敵すぎる(NAVERまとめ)

 

以上でした!買ったら感想や子らの反応を書いていきたいと考えています。幾冊かは内容的に数年後になりそうだけれど。
(はじめの画像はやまねこ新聞社さんより。)