Article
0 comment

映画『メッセージ』をみて、原作『あなたの人生の物語』を読んだはなし(途中からねたばれあり)

2017年5月19日から全国公開のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督『メッセージ(原題:”Arrival”)』をみました。
主演はエイミー・アダムス。2007年のディズニー映画『魔法にかけられて(原題:”Enchanted”)』でお姫さまの役をやっていた方です。

衣装も性格もフワフワでかわいかったですが今回は地味に地道に仕事にとりくむまじめな言語学者です。

ある日突然このような巨大な謎の物体が地球上のあちこちに現れる。が、その目的が皆目分からず、軍に協力を求められた言語学者のルイーズはその物体の中で自分と地球の未来を変える衝撃の事実を目の当たりにする…というおはなし。

とても印象的な映画で、お時間がある人ならなるべくみてほしい、そして感想が聞きたい、と思ったのですが私の力では説明がむずかしい。
ので予告編をよかったらご覧ください。

私は海外版の予告編をみた限りでは、フシギ系のSFかな?と思っていたんです。なぜならたぶん「巨大な柿の種か」と一時話題になったこの物体が『2001年宇宙の旅』のモノリスを彷彿とさせるから。

でも全然そんなことなかった。
派手で激しいアクションがあったりモンスターなど敵と戦うものではない。べたべたで、これが恋愛だ、家族愛だ、という、舞台がSFなだけの家族ドラマでもない。
ただただ発想が奇抜だったり難解で哲学的過ぎるので分からない、ということもない。
そして分かり易い血も、涙も、画面上には流れない。たしか、そんなには。
でも確かにそこに体温と、情熱のあとに残る悲しみや寂しさと、困難な道を選ばざるをえない苦悩があるのがありありと伝わってきて、自分の直ぐ側にあるものであると同時にSFでしかありえない部分を持ち、もしも、で考え始めると止まらないような深く長く考えざるを得ないテーマで、
ともかく、私はものすごくこの主人公に同情してしまいました。
『インターステラー』と比較もされているようですが、私はこちらのほうが好きでした。落ち着いた緊張感があって。

『シン・ゴジラ』樋口真嗣監督が責任編集をした、
『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』押井守監督、
『エヴァンゲリヲン新劇場版:Q』前田真宏監督と樋口監督が話している特別映像もごらんください。

あとは、サウンドトラックのなかで特に良かったMax Richterの”On the Nature of Daylight”という曲を置いておきます。かけていただいて、未見のかた、もし興味と時間をお持ちでしたら劇場へ向かってみてください。み終わったかた、続きをご覧ください。

この下にはご覧になった方向けのはなし、感想を書こうと思います。

_________________________

原作が短編小説だというのを後から知って驚いた。
いつもは、原作がある映画だとやはり映画を先にみてしまうとイメージが固定されてしまうので未見の場合は「原作を先に読もうか」、み終わってから知った場合は「あー先に読んだほうがより(どちらも)楽しめたのかなー」と思うのだけれど今回ばかりは、全く映画から”短編小説み”を感じなかったので
・このはなしがどうやって短編に収まっているのか
(映画が付け足したところ、また、もしあるのなら省いたところはどこか)
また、一定数は必ずいるものだけれど
・「原作のほうが良かった」という人がいるのはどういうことか
ということと、調べるうちに原作者のテッド・チャンが非常に遅筆で年に一作短編を発表するかしないか、であり、その作品はどれも非常に緻密、精密である、ということを知り、そのあたりがどうしても気になりすぐに原作の短編が入った短編集を買い求めた。

Article
0 comment

“LA LA LAND”のクライマックスについて

 

※ねたばれなど関係のない映画ではありますけれど、一応ねたばれ的な感想になります

LA LA LAND(『ラ・ラ・ランド』)のクライマックスのところ、
これでもかと続くので私はもうやめてくれ…!と苦しくなった。
ミュージカル(映画)は虚構がすごいから
好きとか嫌いとかあるけれどもともかく、
はじめのシーンは私達の世界と繋がりを持っていて、
はじめのシーンにふさわしくこちらを誘ってのりのりにさせるものだったけれど、
クライマックスはそれまで積んできた話とより増したカラフルさ、わざとらしいセット、絶え間なく続く音楽、笑顔(=幸福!幸福!すべてがうまくいっている!)で虚構味を増した演出になっていて、
ビョークの”Bachelorette”(ミシェル・ゴンドリー)のPVのように
ひとレイヤー向こうに演者がいて明らかに嘘だと分かる、分かるけれども止められないという
妄想・虚構の残酷さが1500人以上を使って撮影されたというあのシーンに集約されていて、
楽しそうだからこそ悲しくて悲しくて、ぜんぜん楽しくなくて、それを乗り越えたうえでのラストシーンのライアン・ゴズリングのほほえみに涙腺決壊した。

デミアン・チャゼル、おそろしい子。
次回作もぜったいみる。

 

 

Article
0 comment

LA LA LAND “Audition (The Fools Who Dream)” 対訳

映画”LA LA LAND(『ラ・ラ・ランド』)”の
最後のほうで歌われるこの曲
“Audition (The Fools Who Dream)” が印象的だった。
主人公たち含めて、
皆かろやかに優しい歌声でずっと歌っているのだけど、
これだけは声をはりあげるようにしていたからかもしれない。

歌詞はそんなに悲しいわけでも
必死なものでもない、
でも夢を諦めるか諦めないかの瀬戸際で、
「自由に演じて」と言われて、
光がきらめいて消えるみたいな生き方をした叔母のことを思い出して
彼女の言ったこと、したことを思い出して演じている、
堂々としないと落ちる綱渡りみたいなひりひり感があったからかもしれない。

和訳がみつからないので、
3月に対訳付きサウンドトラックが出るようだけど、
まずはじぶんでやってみます。

_ _ _

My aunt used to live in Paris
I remember, she used to come home and tell us
stories about being abroad and
I remember that she told us she jumped in the river once, barefoot
She smiled…

叔母はパリに住んでいたことがあって
私は、帰って来た彼女が私たちに 海外での暮らしについて、
それと、いちど裸足でセーヌ川に飛び込んだ話をしてくれたことを思い出す
彼女は微笑んで、…

Leapt, without looking
And She tumbled into the Seine!
The water was freezing
she spent a month sneezing
but said she would do it, again

なにも見ずに跳んで
セーヌ川にばしゃんと落ちたの!
水が凄く冷たくて
それからひと月くしゃみが出たけど
でもまたやりたいな、と言った

Here’s to the ones who dream
Foolish as they may seem
Here’s to the hearts that ache
Here’s to the mess we make

夢みる人に乾杯
ばかみたいに見えるかも知れないけれど
痛む心に、
私たちのするめちゃくちゃに乾杯しましょう

She captured a feeling
Sky with no ceiling
Sunset inside a frame

She lives in her liquor
and died with a flicker
I’ll always remember the flame

彼女はその気持ちを心に留めた
限りのない空
額縁におさめた夕暮れ

彼女はお酒と共に生きて、
きらきらと揺らめいて死んでしまった
私はいつもその炎を思い出す

Here’s to the ones who dream
Foolish as they may seem
Here’s to the hearts that ache
Here’s to the mess we make

夢みる人に乾杯
ばかみたいに見えるかも知れないけれど
痛む心に、
私たちのするめちゃくちゃに乾杯しましょう

She told me:
A bit of madness is key
to give us new colors to see
Who knows where it will lead us?
And that’s why they need us,
So bring on the rebels
The ripples from pebbles
The painters, and poets, and plays

彼女はこう言った、
ちょっとの狂気が鍵なの
世界に新しい色を与えてくれる
それからどうなるかなんて誰にわかるっていうの?
そして、それが私たちが必要とされる理由なの
だから反逆者を、
小石で生まれるさざなみを集めましょう
画家を、詩人を、演劇を!

And here’s to the fools who dream
Crazy as they may seem
Here’s to the hearts that break
Here’s to the mess we make

そして夢みるおばかさんたちに乾杯しましょう
気が違っちゃったみたいに見えるかも知れないけれど
張り裂けた心に、
私たちのするめちゃくちゃに乾杯しましょう

I trace it all back to that
Her, and the snow, and the Seine
Smiling through it,
She said she’d do it… Again

全部を辿って思い出してみる
彼女と、雪と、セーヌ川を
微笑みながら、
またやりたいな、と彼女は言った

—————
Composer: Justin Hurwitz
Lyrics: Benj Pasek and Justin Paul
—————

 

 

Article
0 comment

お仕事で使う文房具

大学を卒業してからずっと接客業のお仕事をしていたので、転職先が初めてのデスクワークに決まり正直わくわくしてしまいました。
ずっとあこがれのようなものがあったので…

_____________________

どんなお仕事にも大変だなー嫌だなーというところはあり、それがまたやりがいに繋がる嬉しさ・達成感と背中合わせであるのかなとは思うのですが、接客業はその名の通りにお客に接し続けるわけで、面白い・楽しいと思うことも多々あれど、自分のペースを守ることは難しく(お昼ごはん時間の強制短縮などもあり)それを少々/ずっと苦に思っていたところでした(ごはんの時間はだいじ)。
ダイレクトに反応が帰ってくるところや、多少の演技をしつつ溌剌としていることで逆にほんとうに元気でいられるようなところ、きらいではなかったのですが、根っからのインドア派じっくり一人遊び派の私には(特に直近の職場は)活発さ及び瞬発力を求められるとなにか根本の方から若干のずれがあり、今回の転職活動につながりました。

_____________________

で、文房具です。
お仕事でがんがん使うことを考え、機能性をひとまず重視してプロトタイプの組み合わせを作りました。

・前職ではペンをポケットに入れて走り回っていたのでクリップ付きが便利でした。とにかくスムーズに書けて且つ濃いゼブラのサラサクリップは継続です(芯にマスキングテープを巻くのが好きです)(素敵になりますが、残量がわかりにくいというデメリットが生まれます)。

・その横は無印良品の低重心・振って出るシャープペン 0.5mm・クリアです。ハンサム。これはハンサムさで選んでしまいました。あまり振っていません(ついノックしてしまう)。

・消しゴムはヒノデワシプレミアムまとまるくん。息子にスリーブをピリピリにされたので泣く泣くマステを巻きました。これは本当はスリーブがかわいいのでこのまま持ちたかった(リンク先をご覧ください)。

・焦げ茶のメモ帳はハイタイドのだったかな、薄紙で風情がありますが使ううちに裾?がくるくるしてきてしまいました。

・定規も無印です。方眼がかわいい。それにかわいいだけではなくて、仕事で文章に線を引くので、下の行を目安にしてちゃんと水平な下線を引くために役立っています。

・薄茶のノートは100円均一のセリアで買ったのですが、上に日付けとタイトル、行幅は狭めで線が薄く、下にチェックボックスつきメモ欄があり、見た目もインデックス性も新しく知った単語をメモするのにもとても良く理想的なものでした。買いだめようか迷うくらい。

・クロワッサンのノートは彦坂木版工房のものです。Tシャツ、便箋、カレンダーなど、家にあるのですが、これもつい買ってしまい置いてあったものを導入しました。これにはすこし丁寧に保存版メモというか自分用マニュアルを残しています。

・チョコレートのこれはピルケースです。サプリメントが入っています。平日ぶんにちょうどよかった。文房具ではないですが紛れています。メーカー不明、ヴィンテージヴァンガードで買いました。

付箋も山盛り持っているので、雰囲気を掴めたら使っていきたく、タイミングを見計らっています。
あとは一生もののしっかりしたボールペン…木軸かブラスのがいいなー。

参照:
ゼブラ株式会社
無印良品
ヒノデワシ
ブンドキ.com
彦坂木版工房

 

Article
0 comment

土鍋とご飯

しばらーく更新しないままになってしまいました。
こんにちは、お久しぶりです。のぞいてくださってありがとうございます。

11月末に突然お仕事が決まりそうになりその準備をそわそわしたり、
12月に始まって気持ちが慣れるまですこしかかったりしていました。
あんまり以前のように日中車を走らせておもしろいお店に行くことはできなくなりますが、
たまあに更新していきたいと思っていますのでたまあにみてやってください。
あとは、ためてある分がありますので
この投稿の下に過去の日付けで載せていきたいと思います、
つまり暫くはこの記事の下が最新更新分になります。どうぞよしなに。

さて、土鍋(とご飯)の話です。

マルミツ陶器のブレゼという土鍋を気に入って4年間くらい主に炊飯に使っていたのですが、
ついにだめになってしまいました。
というのも、恐らくは底に入った亀裂のために、
中身が漏れるまでではないのですが、
炊飯にかんしてはうまくできなくなってしまったのです。
ということで、これはスープの温め直しやゆで卵づくりに活躍してもらうことにして、
年末にかもしか道具店の新しい土鍋を買いました。

かもしか道具店は、三重県菰野町に窯を持つ有限会社山口陶器のブランド。
ご飯炊きに特化した土鍋を再度探しているときに、
北欧、暮らしの道具店でみつけました。
ブレゼは2.5号炊きなので、もう少し大きなものを、と
「ごはんの鍋/三合炊き(白)」にしました。

昔ながらの炊飯釜みたいな蓋の持ち手がかわいい。
吹きこぼれにくいかたちとのことでしたが、ほんとうにそうです。
浸水20分、中火で10分ほどすると蒸気が出てコトコトコト…といってくるので
そうしたら弱火にして5分。
火を止めて20分蒸らして終了です。
土鍋は保温性が高いのでこの蒸らしでふっくらさせつつ、
そのあとお櫃的にそのまま入れておいてもご飯はぴかぴかのままです。

火にかけちゃんと沸騰したら弱める。これが肝であるがゆえに、
はじめのほうの幾度か、この弱火にするタイミングに自信がなく、
ほんとうに盛り上がっているかい?と沸騰具合をみるため3、4回蓋を開けてしまったご飯は
火の通り方にむらができたりして、おいしくない部分が多かったです。
最近では湯気と音を確認するだけで弱火にできるようになりました。
あとは5分、20分でタイマーをかければよいのでなんということはありません。
それで、すっごく、おいしいですよ。
そうだ、今年は炊き込みご飯のプロになりたいです。

お米は最近、岐阜の白鳥ファームというところからネット通販で買っています。
はつしも」という、岐阜でのみ栽培されほぼ全て岐阜で消費されるというちょっと珍しいお米が、
硬めに炊いてもおいしく(硬めが好き)、冷めてもおいしいので(=お弁当むき)
続けて買っています。
写真でも確認できますが、大粒で食べごたえのあるお米です。
ちょっとタイ米みたいな形だけれど、もっちり。
減農薬・減化学肥料栽培の農家さんなので安心というところもあります。
あと、どうやら注文してから精米してサッと送ってくれるみたいで(そうでなくてもとても最近の精米)うれしい。
今度すこしゆるめの精米にしてもらってみようかと思います(7分搗きなど選べるので)。
そんなかんじでした。

 

参照:

マルミツウェブストア
(土鍋の特集はこちら。いっぱい!)
伊勢かもしか出張所
(かもしか道具店のお店)
北欧、暮らしの道具店
中川政七商店 公式オンラインショップ
 (→にもかもしかさんの扱いありました)
白鳥ファーム