Article
0 comment

映画『メッセージ』をみて、原作『あなたの人生の物語』を読んだはなし(途中からねたばれあり)

2017年5月19日から全国公開のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督『メッセージ(原題:”Arrival”)』をみました。
主演はエイミー・アダムス。2007年のディズニー映画『魔法にかけられて(原題:”Enchanted”)』でお姫さまの役をやっていた方です。

衣装も性格もフワフワでかわいかったですが今回は地味に地道に仕事にとりくむまじめな言語学者です。

ある日突然このような巨大な謎の物体が地球上のあちこちに現れる。が、その目的が皆目分からず、軍に協力を求められた言語学者のルイーズはその物体の中で自分と地球の未来を変える衝撃の事実を目の当たりにする…というおはなし。

とても印象的な映画で、お時間がある人ならなるべくみてほしい、そして感想が聞きたい、と思ったのですが私の力では説明がむずかしい。
ので予告編をよかったらご覧ください。

私は海外版の予告編をみた限りでは、フシギ系のSFかな?と思っていたんです。なぜならたぶん「巨大な柿の種か」と一時話題になったこの物体が『2001年宇宙の旅』のモノリスを彷彿とさせるから。

でも全然そんなことなかった。
派手で激しいアクションがあったりモンスターなど敵と戦うものではない。べたべたで、これが恋愛だ、家族愛だ、という、舞台がSFなだけの家族ドラマでもない。
ただただ発想が奇抜だったり難解で哲学的過ぎるので分からない、ということもない。
そして分かり易い血も、涙も、画面上には流れない。たしか、そんなには。
でも確かにそこに体温と、情熱のあとに残る悲しみや寂しさと、困難な道を選ばざるをえない苦悩があるのがありありと伝わってきて、自分の直ぐ側にあるものであると同時にSFでしかありえない部分を持ち、もしも、で考え始めると止まらないような深く長く考えざるを得ないテーマで、
ともかく、私はものすごくこの主人公に同情してしまいました。
『インターステラー』と比較もされているようですが、私はこちらのほうが好きでした。落ち着いた緊張感があって。

『シン・ゴジラ』樋口真嗣監督が責任編集をした、
『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』押井守監督、
『エヴァンゲリヲン新劇場版:Q』前田真宏監督と樋口監督が話している特別映像もごらんください。

あとは、サウンドトラックのなかで特に良かったMax Richterの”On the Nature of Daylight”という曲を置いておきます。かけていただいて、未見のかた、もし興味と時間をお持ちでしたら劇場へ向かってみてください。み終わったかた、続きをご覧ください。

この下にはご覧になった方向けのはなし、感想を書こうと思います。

_________________________

原作が短編小説だというのを後から知って驚いた。
いつもは、原作がある映画だとやはり映画を先にみてしまうとイメージが固定されてしまうので未見の場合は「原作を先に読もうか」、み終わってから知った場合は「あー先に読んだほうがより(どちらも)楽しめたのかなー」と思うのだけれど今回ばかりは、全く映画から”短編小説み”を感じなかったので
・このはなしがどうやって短編に収まっているのか
(映画が付け足したところ、また、もしあるのなら省いたところはどこか)
また、一定数は必ずいるものだけれど
・「原作のほうが良かった」という人がいるのはどういうことか
ということと、調べるうちに原作者のテッド・チャンが非常に遅筆で年に一作短編を発表するかしないか、であり、その作品はどれも非常に緻密、精密である、ということを知り、そのあたりがどうしても気になりすぐに原作の短編が入った短編集を買い求めた。

Article
0 comment

“LA LA LAND”のクライマックスについて

 

※ねたばれなど関係のない映画ではありますけれど、一応ねたばれ的な感想になります

LA LA LAND(『ラ・ラ・ランド』)のクライマックスのところ、
これでもかと続くので私はもうやめてくれ…!と苦しくなった。
ミュージカル(映画)は虚構がすごいから
好きとか嫌いとかあるけれどもともかく、
はじめのシーンは私達の世界と繋がりを持っていて、
はじめのシーンにふさわしくこちらを誘ってのりのりにさせるものだったけれど、
クライマックスはそれまで積んできた話とより増したカラフルさ、わざとらしいセット、絶え間なく続く音楽、笑顔(=幸福!幸福!すべてがうまくいっている!)で虚構味を増した演出になっていて、
ビョークの”Bachelorette”(ミシェル・ゴンドリー)のPVのように
ひとレイヤー向こうに演者がいて明らかに嘘だと分かる、分かるけれども止められないという
妄想・虚構の残酷さが1500人以上を使って撮影されたというあのシーンに集約されていて、
楽しそうだからこそ悲しくて悲しくて、ぜんぜん楽しくなくて、それを乗り越えたうえでのラストシーンのライアン・ゴズリングのほほえみに涙腺決壊した。

デミアン・チャゼル、おそろしい子。
次回作もぜったいみる。

 

 

Article
0 comment

LA LA LAND “Audition (The Fools Who Dream)” 対訳

映画”LA LA LAND(『ラ・ラ・ランド』)”の
最後のほうで歌われるこの曲
“Audition (The Fools Who Dream)” が印象的だった。
主人公たち含めて、
皆かろやかに優しい歌声でずっと歌っているのだけど、
これだけは声をはりあげるようにしていたからかもしれない。

歌詞はそんなに悲しいわけでも
必死なものでもない、
でも夢を諦めるか諦めないかの瀬戸際で、
「自由に演じて」と言われて、
光がきらめいて消えるみたいな生き方をした叔母のことを思い出して
彼女の言ったこと、したことを思い出して演じている、
堂々としないと落ちる綱渡りみたいなひりひり感があったからかもしれない。

和訳がみつからないので、
3月に対訳付きサウンドトラックが出るようだけど、
まずはじぶんでやってみます。

_ _ _

My aunt used to live in Paris
I remember, she used to come home and tell us
stories about being abroad and
I remember that she told us she jumped in the river once, barefoot
She smiled…

叔母はパリに住んでいたことがあって
私は、帰って来た彼女が私たちに 海外での暮らしについて、
それと、いちど裸足でセーヌ川に飛び込んだ話をしてくれたことを思い出す
彼女は微笑んで、…

Leapt, without looking
And She tumbled into the Seine!
The water was freezing
she spent a month sneezing
but said she would do it, again

なにも見ずに跳んで
セーヌ川にばしゃんと落ちたの!
水が凄く冷たくて
それからひと月くしゃみが出たけど
でもまたやりたいな、と言った

Here’s to the ones who dream
Foolish as they may seem
Here’s to the hearts that ache
Here’s to the mess we make

夢みる人に乾杯
ばかみたいに見えるかも知れないけれど
痛む心に、
私たちのするめちゃくちゃに乾杯しましょう

She captured a feeling
Sky with no ceiling
Sunset inside a frame

She lives in her liquor
and died with a flicker
I’ll always remember the flame

彼女はその気持ちを心に留めた
限りのない空
額縁におさめた夕暮れ

彼女はお酒と共に生きて、
きらきらと揺らめいて死んでしまった
私はいつもその炎を思い出す

Here’s to the ones who dream
Foolish as they may seem
Here’s to the hearts that ache
Here’s to the mess we make

夢みる人に乾杯
ばかみたいに見えるかも知れないけれど
痛む心に、
私たちのするめちゃくちゃに乾杯しましょう

She told me:
A bit of madness is key
to give us new colors to see
Who knows where it will lead us?
And that’s why they need us,
So bring on the rebels
The ripples from pebbles
The painters, and poets, and plays

彼女はこう言った、
ちょっとの狂気が鍵なの
世界に新しい色を与えてくれる
それからどうなるかなんて誰にわかるっていうの?
そして、それが私たちが必要とされる理由なの
だから反逆者を、
小石で生まれるさざなみを集めましょう
画家を、詩人を、演劇を!

And here’s to the fools who dream
Crazy as they may seem
Here’s to the hearts that break
Here’s to the mess we make

そして夢みるおばかさんたちに乾杯しましょう
気が違っちゃったみたいに見えるかも知れないけれど
張り裂けた心に、
私たちのするめちゃくちゃに乾杯しましょう

I trace it all back to that
Her, and the snow, and the Seine
Smiling through it,
She said she’d do it… Again

全部を辿って思い出してみる
彼女と、雪と、セーヌ川を
微笑みながら、
またやりたいな、と彼女は言った

—————
Composer: Justin Hurwitz
Lyrics: Benj Pasek and Justin Paul
—————

 

 

Article
0 comment

Taika Waititi(タイカ・ワイティティ)監督 “Hunt for the Wilderpeople”

タイカ・ワイティティ監督が大好きになってしまった。『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』(原題:“What We Do in the Shadows”)という、モキュメンタリー(ドキュメンタリーのていでそうではない映画)コメディの監督・製作・脚本と、本人もいい感じにちょっと気弱で明るいヴァンパイアで出演もした方。

taika waititi

監督です。

で、今回みた”Hunt for the Wilderpeople”という映画がとてもよかったので。

hunt-for-the-wilderpeople-2-1200x600-c-default

里親にたらい回しにされる問題児の都会っ子リッキーが山奥の夫婦にもらわれ、おばさんの優しさに徐々に打ち解けるも一大事が起こり少年は山へ逃げる。助けにきた偏屈頑固おじさん(サム・ニール)が少年を見付けてすぐ(リッキーのせいで)足を怪我し、足止めされてる間にふもとでは誘拐事件として大規模な捜査が始まり、捕まりたくないので逃げるふたり…という話。

この監督はテンポとか小道具とか飄々としたユーモアがウェス・アンダーソン監督を彷彿とさせるのだけど、もっと脱力しているというか、雰囲気がゆるいところが好き。ニュージーランドの風景もすごくきれいで、挟まれる小ネタにもニュージーランドへの愛を感じる(ロード・オブ・ザ・リングとか)。原作小説もニュージーランドの人気作家のもの(バリー・クランプ 1986年の作品)。日本語には一冊も翻訳されていないとかで、映画の日本公開とDVD販売とともに原作書籍の翻訳と発売も待たれる。すごく待っています。

主演の男の子が(太ってるから)顔のパーツが真ん中に寄っててかわいい。演技も、素なの…?というくらいに、問題行動は起こしてたけど根は素直ないい子を自然に演じてて良かった。サム・ニールのワイルドおじさんもはまっていて、トータルでみると”徐々に打ち解ける頑固なお年寄りと子ども・そしていぬ”というほろり要素満載に思えるのだけれど、絶妙なさじ加減でくすっと笑えるあたたかい仕上がりにしてある。照れ隠しにもいわゆる感動大作へのちょっとした皮肉にもみえて、かわいい。かわいい監督です。でもゆるふわと思いきや突如けっこう激しい演出があって唖然とさせられるところも好きです。

heckandricky

監督にも、主演の男の子にも、マオリ族の血が流れているそうで、まあ主人公のリッキーは都会っ子だけど劇中に登場するマオリの女の子の強く優しいところ(この子も山奥ではあるけれどふつうに現代的生活をしている)の描き方やリッキーがその子と会ったばかりなのに安心して眠ってしまうところとかにマオリ族への思いがほんのり入っているように感じた。

rickybaker

 

現在彼はマーベル映画マイティ・ソーの3作目『マイティ・ソー:ラグナロク』の監督にも抜擢されて現在撮影中のもよう。
「スーパーヒーロー映画を僕に撮らせるとこうなるんだ。忠告はしたからね!」との一言とともに本人が公開していた短編がこちらです。

(前回のマーベル映画最新作で出番のなかった神・ソーと超人・ハルク(変身前)が暇してる様子)
(神なのになぜか出番がなくて、自分なりに謎を追って分析してたり(“浮かんだいすに座ったむらさき男はだれか?/わかっていること/むらさき・魔法のグローブをつけている・立ちあがりたくないみたい”などと書いてある)、彼しか持ちあげられない伝説のハンマーであるムジョルニアを赤ちゃんみたいにおふとんをかけて寝かせてあったり、幼稚園でお話会をしたりしてる)

もちろん戦えば強いヒーローなのだけど、もともとこれまでのマーベル映画とくにヒーローたちが集結するシリーズ”アベンジャーズ”でちらっちらっと描かれてきた”ソーのちょっとあほ(かわいい)具合”を強調する仕上がり。
これをみてるとかなり脱力系のヒーロー映画になりそうで楽しみです。というかコメディの監督をよく抜擢したな…。

もう私はこれから先、彼の活動を追います。
マイケル・ジャクソン好きな少年のもとに刑務所から父親が戻ってくる話”BOY”が未見なのでなんとかしてみてみたい。

ポップにつくられた『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』の日本版予告編もどうぞ:

こちらはおそらくレンタルなどもあるのでお茶目なヴァンパイア映画がみたいかたは是非どうぞ。怖くないです。

 

Article

映画館で観たい映画

映画の原体験もドラえもんだったと思う。
ドラえもん映画を毎年観に行ってカラフルなプラスチックのおもちゃをもらうのを楽しみにしていた。
その初回だったか、連れて行ってくれた親の友人によると、ポップコーンを買ってもらって食べ始めんとしていたところ映画が始まって、食べ始めの一つを手に持ったまま観終わったらしい。そんなに巨大なドラえもんにのめり込むとは。
(藤子・F・不二雄ミュージアムはまだ行ったことがない、子がドラえもんを気に入ったら一緒に行きたい。)

子が二人いるので”どうしても”という映画だけを預けてひらっと観に行く身としては、映画館で鑑賞するものは予告をみて”これは体感したい!”と思ったものに限られてくる。学生の頃だと札幌の蠍座、池袋の新文芸坐、渋谷のUPLINK Xなどでポスターだけの情報で決めた映画をじっ…と観ることが多かったのだけれど、最近は映画館の醍醐味はもちろん大きな音と大きな画面だよね!!という感じに退行してアトラクション感覚で選ぶことが多い。

時期を逃すと観られない、という意味では、『ロード・オブ・ザ・リング』は映画館で観られて幸運だった。ただ1、2、3作目それぞれの間が開くので待つのが辛かったのとひとつひとつが長いのでへとへとになった覚えがある。あれらはVIP席的な椅子で観るべき…。でもとにかく最高に緻密な原作に基いて本当に各総力を結集して映像化されていて、へとへとになるのは入り込んでしまっていたからに他ならないし、CGもいま観てもそんなにちゃちくないところがほんとうに凄い。あーやっぱりブルーレイ買おうかなー。

『スパイダーマン』(トビー・マグワイアの出てるひとつめ)を観てからビルの上をぴゅんぴゅん行くの映画館で観るとこんなに気持ちいいのか!という発見が初めてあり、映像の迫力でとにかく押してくる(という場面のある)タイプの映画にも興味を持つとともにアメコミ映画への偏見がなくなり、映画館でではないがダークナイト3部作、今大盛り上がりのMARVELコミック映画はロバート・ダウニーJrの『アイアンマン』以降のものはたぶん全て観た(私はマイティ・ソーが好き トム・ヒドルストンにナタリー・ポートマンにアンソニー・ホプキンス!豪華!)。三点着地は最高。

妊娠中に『エイリアン』の前日譚『プロメテウス』を観に行って、…観た方はお察しのことかと思いますが…なんというか貴重な体験をしました。ラパスさんの役がお腹をむおおおってするところで子が激しく動いたんですよね。すみませんでした。
あとあのコンソールというか操作椅子のある場所のすごく綺麗なシーン、あれだけでも映画館に行った価値はあった。宇宙の映画は映画館との親和性がとっても高い(ぶん怖い)。

ちょっぴり後悔しているのは、ガイ・リッチー版シャーロック・ホームズの一作目をなぜかあまり面白くなさそうと思って観なかったことと、赤ちゃんのいた時期だったので『マッドマックス 怒りのデス・ロード』に行かなかったこと(これは名古屋では爆音上映をやっていなかったのでそこが残念)。
ということで(?)先日『シン・ゴジラ』は行ってまいりました。セリフ…セリフを読みたい…台本を読みたい!と思いました。勿論ゴジラですので、大きな音と大きな画面で観たのは大正解でした、怖かった。

『インセプション』はDVDで観たあと、映画館で見応えありそうだなと思ったので、予告にてちょっと似たシーンのあったドクター・ストレンジは観に行きたい。ベネディクト・カンバーバッチが好きだし。
というのが、これからの話。
自分で好きな映画をかけられるとしたら、一日かけてターセム・シン映画(スタートダッシュ)→ウェス・アンダーソン映画(たまにサンドイッチやおにぎりやお茶をいただく)→ジブリ映画(シータやフィオと一緒にたまに寝る)→ジャン=ピエール・ジュネ映画((悪)夢)→『銀河鉄道の夜』(明け方)を流したい。
というのが、夢の話。

つらつらと失礼いたしました!